導光棒について様々なことを紹介しています

導光棒の概要は光を透過させることによって情報や光そのものを照射させることができる製品です。
用途は様々で光ファイバーケーブルや医療機関であれば内視鏡として採用されています。
使用されている素材は石英ガラスやプラスチック、ポリカーボネート樹脂などがあり、それぞれ性能が異なっていることから用途に合わせて利用する必要があるのです。
例えば高速転送と透過率の向上を目的としているのであればガラス製の物が有効です。

導光棒とは?

導光棒とは? 導光棒の概要は、光を透過させることで情報を転送したり光そのものを利用して照らすことができます。
利用例としてインターネットの接続に活用されている光ファイバーケーブルや内視鏡、物体の動きをセンサーとして検知するジャイロスコープに加えプラネタリウムなど非常に幅広く存在しています。
素材も導光棒を採用している製品によって様々で石英ガラスを使用した透過率の高いものだけでなく、安価で導入可能で耐久性能を高めたプラスチック製に加え耐熱性能が期待できるポリカーボネート樹脂製の物があり、それぞれの特性を活かした利用が期待できます。
導光棒の製法はガラス製品であれば熱を加えて生成していく必要があり結果的に高価になっているのです。

導光棒が光る構造と製造方法の違いとその特徴

導光棒が光る構造と製造方法の違いとその特徴 導光棒とは、光を導く構造をもったものです。
側面から入った光は棒状の中を進み、先端で発光する光ファイバーのほか、特殊な加工をすることで側面から入った光を拡散させ、任意の場所から均一に光を出す構造を持ったものなどがあります。
構造的に見れば透明度のある樹脂の棒に側面からLED等を光源として使用し、侵入してきた光を目的の場所まで達せさせる、または拡散することで棒全体を光らせるといったものです。
導光棒の用途はさまざまで、身近なものではスイッチを発光させるためや案内板の光源、また医療用の内視鏡の光源などに使われています。
導光棒の良し悪しとしては光を効率的に樹脂内を進ませるだけの透明度があるほか、先端部で発光させるため加工です。
光を拡散させるためには加工が必要であり、加工の違いが光度にも影響してきます。
また透明な樹脂であるほど光の欠損率を低下させることができるので、樹脂の品質も重要になってきます。
加工ではレーザーを用いて行うものやシルク印刷、V溝カット、形成などがあります。
レーザー加工は大量生産には向きませんが、小ロットから製造可能で安価で、主流となっています。
また棒だけでなく板状にしたものもあり、少ない光源で効率よく光らせることができます。

導光棒関連リンク

導光棒